現在、銀行系・消費者金融系を問わず金融商品を取り扱っているほとんどの企業では、インターネットが世間に普及した事から店頭に行く事なくお金を借りられるサービスを用意しています。今回はスマホを使用してお金を借りる細かな流れや注意点を簡単にまとめたのでこれからスマホでお金を借りようと検討している方は参考にしてください。


店頭ではなくスマホでお金を借りるメリット

インターネットが普及するまでは店頭窓口や無人契約機まで行く必要があり時間と手間がかかるといったデメリットがありました。しかし、現在ではスマホで審査の申込から借入まで全ての手続きを済ませる事が可能となっています。

店頭や無人契約機に行く必要がないので時間を無駄にせずに済むだけではなく、24時間365日いつでも審査申込を行えるので移動中や就寝前のちょっとした空いた時間に利用する事が出来ます。

審査結果や借入が完了するまでの案内は申込の際に希望した電話・メールに直接してもらえるので待ち時間を有効に使えるといったメリットも得られます。

審査申込をする前に準備しておく書類

スマホでお金を借りるために審査申込をする前には予め必要書類を用意しておく必要があります。審査を受ける銀行・会社を問わず必ず提出する事になるのが「本人確認書類」です。運転免許証やパスポートといった顔写真が入っている公的に認められている身分証明書がベストとされています。

運転免許証とパスポートを所持していない場合には、住民基本台帳カードやマイナンバーカード、各種健康保険証でも代用する事は可能ですが、顔写真がない身分証明書の場合は、別途公共料金の領収書等の現住所が確認出来る書類の提出が求められます。

また、本人確認書類以外にも一定金額を超えた借入を希望する場合には「収入証明書」の提出も必須となります。借りる金額を大きくなると審査はより厳しくなり「安定した収入を得ている」や「今までの利用実績」を細かく調べて「返済能力」があるか確認しています。

収入証明書の提出が必要となるのが「借入金額が50万円を超える」「他社での借入と審査申込時に希望する借入金額の合計が100万円を超える」といった2つのケースです。参考情報>>消費者金融キャッシング

スマホでお金を借りる前に利用しようと思っている銀行・会社のホームページから必要書類を確認して準備をしておく事がスムーズに手続きを進めるためには大切となります。

スマホから審査を申し込む

必要書類の準備が完了すればスマホから審査を申し込む事になります。申込フォームは各銀行・会社のホームページの分かりやすいスペースに設置されているのですぐに見付ける事が出来ます。申込フォームでは「氏名・住所・勤務先・年収・希望金額・利用目的」といった項目を入力して送信するだけなので5分もかかりません。

審査に落ちてしまう方の多くは「申込時の入力漏れ・入力ズレ」が原因となっています。送信をする前に入力情報に間違いがないか複数回確認する事が審査にオチないコツとなっています。

必要書類を提出する

申込フォームに必要な情報を入力して送信をすると同時に「必要書類」の提出も行います。書類をスマホのカメラで写真に撮り、指定されたメールアドバイスに送信またはホームページ上にアップロードで書類の提出は完了します。

特に難しい操作がないので誰でも出来る事や、必要書類の原本を提出しないで済むといった、スマホを使用してお金を借りる方法にしかない安心感もあります。

審査内容と審査にかかる時間

お金を借りるために通過する必要がある審査は「明確な通過条件が公表されていない」といった特徴があります。しかし、「安定した収入」「一定期間以上の勤続年数」「過去のカードローン・キャッシングで返済トラブルを起こしていない」といった「社会的信用」があれば通過する事が出来ると言われています。

収入の多さではなく「毎月の返済日を守れる安定した収入」が重要視されているので契約社員・アルバイト・パートとして働いている方でも審査を通過する事は可能です。スマホから審査申込をして審査結果の連絡が来るまでにかかる時間は申込をした銀行や消費者金融で大きく異なります。

消費者金融では最短30分や1時間といったスピード審査を行っていますが、銀行は遅い場合があるという点に注意が必要です。

審査に通過した場合と落ちた場合のどちらでも結果の連絡は必ずしてもらえるので慌てず待ちましょう。

⇒親戚にお金を借りると死ぬまで消えない劣等感

審査には在籍確認も含まれる

審査で社会的信用に問題がないと判断された後には「在籍確認」が行われます。審査担当者が勤務先に直接電話をかけ、本当に働いているかどうか確認をしています。お金を借りようとしている事が会社内でバレるのでは?と不安に感じる方も多いですが、担当者は銀行や会社名ではなく個人名を名乗って電話をかけているのでバレる心配はありません。

また、在籍確認の電話は自分で対応する必要もなく「不在でも働いている」事が確認出来れば完了となります。しかし、近年では個人情報保護の観点から個人名での問い合わせに対応していない企業も増えています。勤務している会社が在籍確認に対応してもらえそうにない場合は、申込フォームの備考欄等から事前に報告をしておく事も大切です。

可能であれば、会社の上司や電話担当の方に在籍確認の電話がかかってくる事を伝えて対応してもらえる体制を整えておく事がベストです。

審査に通過した後の流れ

今までは審査を通過した後は近くに店舗や無人契約機に行き契約書の記入やカードの受取をする事が一般的でした。しかし、現在ではそういった煩わしい手続きも全てスマホで完了させる事が出来ます。審査結果の連絡後、契約内容をインターネットで確認して同意します。

その後に振込先口座・振込金額を入力して送信で手続きは終わりです。担当者が契約書の同意や振込先等の確認が終われば現金が振り込まれます。スマホからの手続きを完了させた場合にはカードの受取が必要がなく後日郵送される契約書の受取だけで済ませる事が出来ます。

スマホでお金を借りる時の注意点

スマホが普及した事で今までよりお金が借りやすくなりました。しかし、簡単にお金を借りられるようになった事で必要以上にお金を借りてしまい返済に苦しんでいる方も増えています。「必要な時に必要な金額」だけを借りたり、生活に負担がかからない無理のない返済計画をたてる事がお金を借りるには重要となります。